画像
運輸安全マネジメント

title

運輸安全マネジメント実施概要 *平成30年度

 1、事故防止のための安全方針

1、代表者(経営者)は、人命を最優先で考え、違反行為は恥と思う気風を養い、荷主様からも届け先様からも愛される企業を目指します。また、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たします。

2、運輸安全マネジメントを確実に実施し、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。

3、輸送の安全に関する情報について、積極的に公表します。

 2、社内への周知方法

安全方針の社内掲示により周知を実施する。

 3、安全運転に基づく目標

〇死亡事故ゼロ
〇構内事故のゼロ
〇バック事故のゼロ

<事故削減目標>
①重大事故:0件
②交通事故:0件
の達成

 4、目標達成のための計画

1、ドライバーからのヒヤリ・ハット体験を全ドライバーが共有できるよう、発生都度報告させます。

2、バックする前に「降りて一周確認運動」の徹底を行います。
 *「降りて一周確認運動」・・・構内、道路問わず、バックする前には必ず車を降りて、周囲の情報を確認させます。また、バック時の注意喚起ステッカーを見えやすい場所に貼り付けさせます。

3、社内安全教育の実施(毎月)
四半期又は月に一度を基準に、日程を定めて社員に対する安全教育を実施します。

4、輸送の安全に関する安全管理の取組状況の点検と改善については年間に1回以上実施し、是正・予防措置を講ずるとともに、継続的改善に努めます。

 5、社内での安全に関する情報交換の方法

社内安全教育の実施による(毎月開催)

 6、安全に関する反省すべき事項

平成29年度において、事故件数目標の達成が出来なかった

 7、反省事項に対する改善方法

安全を管理する規程に基づく、「安全管理の取組み状況の自己チェックリスト」により、1年に1回以上チェックを行い、全員で必要に応じて問題の解決に向けた対策を講じます。

 ◆安全に関する目標達成状況(平成29年度)

 ◆自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計

<重大事故>
目標件数 0件 ⇒ 発生件数 0件
<交通事故>
目標件数 0件 ⇒ 発生件数 6件
(内訳:人身0件、物損6件(内無責2件)

安全への取組みの他のページ

  • 運輸安全マネジメント

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!